瓦屋根(セメント瓦除く)カラーベスト(スレート)金属屋根(ガルバリウム鋼鈑・瓦棒)
費用
(瓦を1とした大体の比)
10.80.6
耐久性50年~70年15~20年10年前後
断熱性△~○
遮音性△~○
メンテナンス30~50年で
葺き直し
5年~7年毎に塗装
又は15~20年で
葺き替え
錆・塗装剥がれが
出たら塗装
シーリングの
メンテナンス

瓦は、種類・使用環境で差はありますが、50年~70年はもちます。スレート(カラーベスト)は15年~20年程度で色の塗り換えや葺き替えが必要です。金属屋根は他の屋根材に比べて比較的安価で施工が可能です。また、近年かなり注目されており、屋根材として様々な改良が進んでいる素材です。シーリングなどのメンテナンスをこまめにしていく必要があります。
また、既存の屋根材の上に葺くカバー工法という施工方法も注目されており、選択肢の一つとしてご検討される方も増えています。

お値段の違いは瓦の種類によっても様々で一概には言えませんが、長い目でみると瓦の方がコストパフォーマンスが優れているといえます。瓦は厚みがある分断熱効果も高く、カラーベスト(スレート)や金属屋根に比べ”色落ち”や”輝きを失う”心配はほぼありません。カラーベスト(スレート)や金属屋根はこまめなメンテナンスが必要ですが、1回あたりの費用の負担額が軽いという利点があります。