雨樋工事

屋根の上や雨樋(とい)に溜まった落ち葉のほとんどは晴天時に風で地上へと落ちますが,その中の一部が雨樋(とい)の排水口から集水器に入り、排水口を塞ぎ、それに続く呼び樋(とい)を詰まらせる原因になります。そして、濡れて軟らかくなった落ち葉は幾重にも重なり集水器を詰まらせてしまいます。

雨樋を詰まったままにしておくと、排水がきちんとできなくなります。排水ができない状態は雨樋(とい)自体に負担をかけ、且つ流れずに溜まった雨水があふれ出して屋根や外壁を傷め、住宅の雨漏りの原因になる場合もあります。
その他樋のゆがみや金具のはずれなども水の流れに影響を与えますので、小さい補修ですむ時点での定期的な点検をお勧めいたします。