広島の屋根・瓦のお店 ウィズホーム 屋根工事 瓦屋根 屋根修理

今回は雨漏りとのことでご相談を頂きました。
長い間、瓦がずれた状態だったため、そこから雨漏りして下地の木が腐り、瓦が落ちそうな危険な状態となっていました。この度は下地の木部の修理、屋根瓦の葺き替え、修理のご依頼をいただきました。

まずは下地の修理から始めていきます。腐食の激しい垂木・野地板を撤去していきます。

撤去後新しい垂木・野地板を取り付けて、下地部分の修理は完了です。

ここからは全体の下地を作っていきます。通常は瓦を上(棟)から下にかけて撤去するのですが、今回は安全と天候の関係上、下から上にかけて瓦を降ろしていき、合板とルーフィング(防水シート)を貼って桟木を打っていきます。

次に棟(屋根の頂上部)を撤去していくのですが、中に入れてあるモルタルが崩れてサラサラになっており、この状態では雨水等を吸水して、いつ雨漏りしてもおかしくない危険な状態になっていました。

棟の撤去も終わり、下地も作り終わったので瓦を葺いていくのですが、湯来町は雪の多い地域という事で雪止め(雪が下に落ちないようにする瓦)を二段いれております。
また今回は、ご予算の兼ね合いで片側のみの葺き替えですが、いずれ反対も葺き替えたいとのことで棟は次回葺き替え予算が上がらないように簡単な作りで仕上げてあります。

こちらで完成になります。木の腐食していた部分は取り替え修理し瓦も一枚一枚丁寧に釘(ステンレス)で留めておりますのでこれで瓦がズレるかもという心配もなく安心して暮らしていただけます。      F様この度はお仕事の依頼ありがとうございました。

弊社の工事は、一級かわらぶき技能士が行っております。

施工例は見習い戦士「あおい」が書いております。

Follow me!

広島の屋根・瓦のお店 ウィズホーム 屋根工事 瓦屋根 屋根修理
最新情報をチェックしよう!